さきしまの西条鰹ふりだし

商品紹介

  • HOME »
  • 商品紹介

鰹ふりだしグルテンフリー

ティーバック式万能和風だしの素

厳選した5種類の素材が生み出す、この深み、この旨味み。

素材そのものの味わいに、甘みやコク、香りなどを加え素材の持ち味をより引き立たせる「だし」は料理をおいしくする大切な役割を担っています。
古来より受け継がれてきた本物の「だし」を「手軽に、おいしくお召し上がりいただきたい」という想いを込めて「鰹ふりだし」は生まれました。

選び抜いた風味原料を、旨味の相乗効果を引き出す比率でブレンドし小袋に詰めた「鰹ふりだし」は煮出すだけの手軽さでひと味もふた味も差が出る「極上」のだしに仕上がります。
この「鰹ふりだし」をベースに、小麦・化学調味料を使わずに下味をつけた「鰹ふりだしグルテンフリー」は、健康を気遣う方に向けて開発した万能和風だしの素です。
グルテンフリー食を始めようと思っている方、まずは調味料から見直してみませんか。

安芸の国 西条 さきしま謹製 鰹ふりだしグルテンフリー

さきしまの西条鰹ふりだし

わずか数分煮出すだけ!手軽に使えるプロのだし

約30年かけてみつけた「うまみの黄金比率」が自慢です

日本料理の要である「だし」は、鰹だしと昆布だしなど、複数のだし素材を組み合わせることによる相乗効果で、より旨味が増していきます。
しかし、だし素材は単純に量や種類を増やせばよいというものではなく、それぞれのだし素材がもつ特徴や、旨味成分をバランスよく組み合わせることがとても大切なのです。

「鰹ふりだし」は、大学の食品研究室にモニターテストを依頼したり、研究室にて研究を重ね約30年間の時をかけてだしのおいしさを追及し続けてきました。
その結果、誰にでも手軽に、わずか1~2分煮出すだけでおいしいだしがとれる「うまみの黄金比率」が生まれたのです。

安芸の国 西条 さきしま謹製 鰹ふりだし

「鰹ふりだし」を使うと、毎日のお料理が楽しくなります。

本品は、国内産の厳選した5種の素材を使用した香りと旨味が自慢の美味しいだしがとれるだしパックです。
味のベースを作り上げていますので、お料理がとても簡単に美味しく出来上がります。

原木椎茸(東広島産)

ほし椎茸(東広島産)

広島県の中央部に位置する東広島市は、多様な自然をもつ魅力的で豊かな賀茂台地にあり、中でも中心部の西条は日本三大酒処のひとつで、風情ある酒蔵が多く残る街。
さきしまの「鰹ふりだし」は昼夜の温度差が大きい台地ならではの風土を利用して、自社農園で栽培した風味豊かな原木椎茸を使用しています。

真昆布(北海道産)

真昆布(北海道産)

昆布は干すことによって熟成し旨味成分が増します。
真昆布は厚みがあり幅が広い昆布の高級品。
上品な甘みを持ち清澄なだしがとれるのが特徴です。

枯れ鯖節(焼津産)

枯れ鯖節(焼津産)

料理の深み付けに欠かせないだし素材で、いりこや鰹節などと組み合わせることで味に深みと底味が生まれます。
使用するのは、力強く、雑味のないだしが出るカビ付けをした枯れ鯖節です。

煮干うるめ鰯(熊本県産)

煮干うるめ鰯(熊本県産)

内臓を取り除かない、うるめ鰯を使用。
そのはらわたに、特有の苦みを持つ独特な味は、だしに奥行きと深いコクを与えます。

鰹本枯れ節・荒節(焼津産)※写真は鰹本枯れ節

鰹本枯れ節

焼津で水揚げされた鰹を約2週間かけて完成する「本枯れ節」を使用。
済んだ琥珀色のだしは、雑味のない香り豊かで上品な味わいが特徴です。

 

すべては「うまみ」のため。自社農園にて椎茸を栽培。

広島県の中央部に位置する東広島市は、多様な自然をもつ魅力的で豊かな賀茂台地にあり、中でも中心部の西条は日本三大酒処のひとつで、風情ある酒蔵が多く残る街。
さきしまの「鰹ふりだし」は、昼夜の温度差が大きい台地ならではの風土を利用して、自社農園で栽培した風味豊かな原木椎茸を使用しています。

さきしまオンラインショップはこちら

「だし」の使い方指南

「鰹ふりだし」はおもに3種類の使い方ができます。
作るお料理や、お好みにあわせてご利用ください。1袋で3~5人分のだしがとれます。

基本だし

約3カップ(水600ml)のお水を入れた鍋に1袋入れ、沸騰したら約1~2分煮出して取り出します。
お味噌汁などに最適な基本だしです。

濃いだし

500mlのお水を入れた鍋に1袋入れ、沸騰したら約1~2分煮出して取り出します。
お吸い物や、おでん、寄せ鍋などにお使いください。

煮物のだし

500mlのお水を入れた鍋に1袋入れ、沸騰したら約1~2分煮出して取り出します。
少量のお醤油を加えて、煮物料理にお使いください。

だしパックの保存方法

パッケージに入れたまま常温保存することをおすすめいたします。
※冷蔵庫などに入れると開封時に湿気を吸着しやすくなります。

使い切れなかっただしの保存方法

粗冷ましした後、ガラスポットなどに入れて冷蔵庫で保管してください。天然成分であるため5日以内にご使用ください。

椎茸と野菜のブイヨン

椎茸と6種類の国産野菜の旨みたっぷり、万能だしの素

やさしい味がお料理を美味しく仕上げます。

「和風だし」のプロが、長年培った技術とノウハウを注ぎ込んで「椎茸と野菜のブイヨン」を作りました。本品は動物性原料、化学調味料などを使用せず、広島県東広島市の自社農園で栽培した原木椎茸と国内産6種の野菜(玉ねぎ・馬鈴薯・人参・きゃべつ・ブロッコリー・セロリ)で仕上げた美味しい万能ブイヨンです。椎茸と野菜のやさしい旨みだからこそ、素材本来の旨みを引き出します。いつもの料理に加えていただくだけで、ひと味ちがう上質な味に仕上がります。

ブイヨンの使い方指南

使用方法 料理のベースとなるブイヨン(1袋3~5人前)

①鍋に水約700mlを入れ沸騰させます。

②沸騰したら、本品1袋を入れてください。

③本品を入れたら、火加減は中火にしてください。

使用の目安

・カップスープは、お湯350ml(約2杯分)に1袋溶くだけ。お好みの具材で。

・白身魚のムニエル(ホイル焼き)には、2人前につき1袋、焼く前にふりかけて。

・カレー、シチュー、ハヤシルーには、約5~6皿分につき1袋、ルーを入れる前に。

・ポトフ、ロールキャベツ、スープパスタには、水700mlにつき1袋を。お好みで塩を少々。

・グラタンには、約5皿分につき1袋をソースに入れ、よくかき混ぜて。

・ハンバーグには、挽肉300gにつき1袋を、材料と一緒によくこねて。

・オムレツには、卵4~5個につき1袋入れ、よくかき混ぜて。

・コロッケ、ポテトサラダには、ジャガイモ6個分につき1袋を入れ、よく混ぜ合わせて。

・スパゲティには、4人前につき1袋を味付けの際にふりかけて。

・ピラフには、お米2合分につき1袋を。

お気軽にお問い合わせください TEL 082-431-5550 平日 8:00~17:00(土、日、祝祭日を除く)

PAGETOP
Copyright © 株式会社さきしま All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.